<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじめまして。 | main | 古物商許可について その2 古物とは・古物営業とは >>

古物商許可について その1 古物営業法の目的

0
    こんにちは!
    行政書士のくりはらです。

    先日、古物商許可についてのお問い合わせをいただきましたので、今日は備忘録がてら古物商許可についてお話したいと思います。

    この「古物商許可」ですが、「古物営業法」という法律に定めがおかれています。
    よって、「古物営業法」を適宜参照していきながら進めていきます!

    まず、この「古物営業法」の「目的」、つまりこの法律が何を目的としているか、です。

    第一条 この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

    とあります。
    ごくごく簡単に言うと、「人から盗まれたもの(盗品)をどっかに売っぱらって儲けちゃおう」という悪い輩に得をさせないよう、この「古物営業法」で取引のやりかたなどを規制して、その規制によって窃盗などの犯罪の防止や速やかに盗品の発見をし、被害者に返してあげよう、ということですね。

    また、関連する法律として民法193条、194条に盗品・遺失物についての規定があり、さらにこの民法194条の特則として古物営業法20条が規定されています。


    次回は 古物商許可について その2 古物とは、古物営業とは
    をお送りします。
    さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
    くりはらたかし * 古物商許可 * 08:55 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ