<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古物商許可について その1 古物営業法の目的 | main | 古物商許可について その3 許可が受けられない場合 >>

古物商許可について その2 古物とは・古物営業とは

0
    こんにちは!
    行政書士のくりはらです。

    というワケで、前回の 古物商許可について その1 古物営業法の目的 の続きです。
    今回は「古物」とは何を意味するのか?「古物営業」とはどんな営業なのか?

    まずは「古物」とはなにか?
    これも最初は前回同様「古物営業法」 を参照しましょう。

    第二条 この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

    また、「古物営業法施行規則」 より
    第二条 法第五条第一項第三号の国家公安委員会規則で定める区分は、次のとおりとする。

    一 美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
    二 衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
    三 時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)
    四 自動車(その部分品を含む。)
    五 自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む。)
    六 自転車類(その部分品を含む。)
    七 写真機類(写真機、光学器等)
    八 事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
    九 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
    十 道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)
    十一 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
    十二 書籍
    十三 金券類(商品券、乗車券及び郵便切手並びに古物営業法施行令(平成七年政令第三百二十六号)第一条各号に規定する証票その他の物をいう。)

    とあります。
    つまり、「古物」とは、おおまかにいえば、「一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品、又はこれらのものに幾分の手入れをした物」で、美術品類、衣類、時計・宝飾品類、自動車・その部分品、バイク類・その部分品、自転車類・その部分品、写真機類、事務機器類、機械・工具類、道具類、皮革・ゴム製品類、書籍、金券類、の13種類を指す、ということになります。

    そして、「古物営業」とは、

    第二条 
    2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。
    一 古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの
    二 古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業
    三 古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)
    3 この法律において「古物商」とは、次条第一項の規定による許可を受けて前項第一号に掲げる営業を営む者をいう。
    4 この法律において「古物市場主」とは、次条第二項の規定による許可を受けて第二項第二号に掲げる営業を営む者をいう。
    5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

    とあります。
    つまり、この「古物営業」には3種類あって、

    1 古物の「売買」・「交換」・「委託を受けて売買」・「委託を受けて交換」を行う営業
    2 古物商間の古物の売買又は交換のための市場(古物市場)を経営する営業
    3 古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネットなどの競りの方法により行う営業

    で、それぞれの営業を、特に

    1 古物商
    2 古物市場主
    3 古物競りあっせん業者

    と呼んでいる、ということです。
    ちなみに、3 古物競りあっせん業者とは、いわゆるネットオークション(「ヤフオク」などのような)を指しています。

    以上、今回は「古物とはなにか」「古物営業とはなにか」についてのお話しでした。

    次回は 古物商許可について その3 許可が受けられない場合
    をお送りします!
    くりはらたかし * 古物商許可 * 09:56 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ