<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初仕事! | main | 絶対的記載事項について >>

定款とはなにか?

0
    JUGEMテーマ:独立開業・起業

    こんにちは。
    行政書士のくりはらです。

    ここ埼玉では、今まさに桜が満開を迎えようとしています。
    近所の公園もとてもきれいに咲いています。
    今週末あたりがお花見に最高なのではないでしょうか。

    今日は個人事業主から法人成りを考えている方、独立して会社を興そうと考えているかたは興味があるであろう、「定款」についてのお話です。

    この「定款」いったい何か?というと、
    よく使われる表現では、「会社の憲法」などといわれています。
    これは、これから設立する会社の組織活動に関する根本規則を定めたものであることから、端的に「会社の憲法」と表現されています。

    そして、定款に記載する事項として、
    ”ず記載しなければならない事項を絶対的記載事項
    必ず記載しなければならない訳ではないが、定款に記載しなければその効力がみとめられない事項を「相対的記載事項」
    D蟯召傍載せず、株主総会・取締役会により決議した規則で定めても効力は生じるが、記載事項を明確にするために定款に規定する事項を「任意的記載事項」
    とそれぞれよばれています。

    また、会社法30条1項により、「定款は公証人の認証を受けなければならない。」とされ、公証人の認証をうけなければ対外的な効力が認められません。(合同会社など一部の法人は公証人の認証を必要としないものもあります。)
    この公証人の認証を受ける定款を「原始定款」ともいいます。

    以上が「定款」についての解説です。いかがでしたでしょうか?
    わからないことなど、質問がありましたらお気軽にコメントをどうぞ。

     
    くりはらたかし * 定款・電子定款ってなに? * 16:24 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ